FC2ブログ

ライブチャットパフォーマーの危険な罠 アダルト・ブログでアフィリエイトする方法

ライブチャットパフォーマーの危険な罠のページです。

YouTube検索

キーワード:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ライブチャットパフォーマーの危険な罠

DTIのライブチャット広告は、、、
1.自分のサイトにライブチャットの広告を出し、パフォーマーの紹介する。
2.ユーザーがそのパフォーマーをクリックする。
3.ユーザーを紹介したということを確定させるため、 そのユーザーにクッキーを取得させる。
4.クッキーを取得したユーザーが登録して報酬が確定。 といった流れで行われます。


しかし、この流れの中には意外な盲点がありました。



一見、問題なさそうですが、アフィリエイターには不利益になることが 発生することもあります。それはクッキーという技術による弊害です。

3でユーザーがクッキーを取得した後、そのパフォーマーのプロフィールにある パフォーマーの個人サイトURLをクリックしたり、待ち画面のURLから 直接パフォーマーのサイトを訪れ、そこからもう一度ライブチャットに 誘導されてしまうと、先に取得させたクッキーが上書きされてしまい、 紹介の報酬がパフォーマーにうばわれてしまうこともあります。

これではアフィリエイターとしてユーザーを送るモチベーションも下がってしまいます。 DTIのライブチャットはプロフィール欄に自サイトのURLを書くことを禁止していますが、 DTIブログが出来たため、パフォーマー兼ブログ運営する人が増え、こういった人が 増えて来ているそうです。もちろんDTIでは、こういった人達には処罰を用意しており、 見つかり次第、パフォーマー失格、報酬没収を行っています。

ただ、DTIだけにそういったチェックを任せておくのではなく、わたしたち アフィリエイターもただユーザーを紹介するだけでなく、たまにはライブチャット サイトをチェックしてそういった人達を見付けたら報告したほうがいいのかも しれません。

もしくは、そういったシステムである以上、上記の不正は仕方がない、と諦めるのか、 その他のアフィリエイト提供会社のライブチャットを使うのかを検討する必要が あるのかもしれません。

[それでもDTIのライブチャットを使いたい]
 DTI
[その他のライブチャットを使える会社]
 バリューコマース | 【BannerBridge】アフィリエイトプログラム | Motion Link |
 J Passport | ナイタイアフィリエイト


この記事が参考になりましたら、アフィリエイトランキングにクリックお願いします。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

アフィリエイト番外編

ちょっと解釈が違うと思います。
クッキーは上書きされるのはシステム上
仕方がないです。

僕の解釈では、パフォーマーが既存ユーザのクレジットカード情報を
書き換えて、自分のURLから購入させるという行為が問題だと思います。
依存ユーザの情報には当然、他の人のクッキー情報とか入っているわけですから
それを知っていて上書きさせてしまうという事です。

僕もアフィリエイト長いのですが、その行為は許しても、彼女達の態度に問題があるわけです。
素直にいつも宣伝してもらい有難うの一言もなく、自分の主張を言うパフォーマーが多く
僕は、悲しくなりましたのでライブ系は全て外しました。
その点、動画は信用できますね。

2005年09月14日 アフィリエイター1号 URL 編集

ん?どういことですか?クレジットカード情報を書き換えるというのは?

ただ、わたしもライブチャットは最近敬遠しており、あまり広告は出さないようにしています。動画のほうが儲かってますので。

2005年09月21日 edu URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。