FC2ブログ

騙しリンク アダルト・ブログでアフィリエイトする方法

騙しリンクのページです。

YouTube検索

キーワード:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

騙しリンク

アフィリエイトの研究のため、アダルト・ブログを日々見回っているわけですが、いまだに下記のような騙しリンク、およびリンク先を隠すなどの方法を用いている人を見かけます。

せっかくサイトを訪れた人を騙してどのようなメリットがあるのでしょうか?
わたしには考えられません。



具体的には以下のように行っています。

   <a href="http://www.google.co.jp/"
     onmouseover="window.status='http://www.yahoo.co.jp/';
     return true;" target=_blank>Yahoo!JAPANへ</a>
  Yahoo!JAPANへ ←実行例

InternetExplorerやMozilla, Firefoxなどのブラウザではアンカー等の上にマウスを持っていくとブラウザの左下のステータスバーにリンク先を表示する機能があります。

訪問者はそのステータスバーを確認して(確認しない人もいるが)リンクをクリックするのである。

そうして、自分の意図したのと違うサイトに飛ばされた人間はその先のサイトでわざわざクレジットカードの番号を入力して商品の購入や入会をしてくれると思いますか?

絶対にありえません。

訪問者は騙されたのです、購入どころかすぐにブラウザを閉じてしまい、しばらくは騙しリンクのサイトのことを覚えておき、しばらくしてまたこのサイトに訪れたときはすぐに閉じてしまうことでしょう?

最近では、アフィリエイト提供会社に見つかれば、アフィリエイトの会員資格を剥奪され、報酬も没収となることがあるようです。

報酬アップはすべてのアフィリエイトサイト運営者の願いですが、アクセスアップが必須となります。
このような、インチキをしていてはサイトの信頼度も上がらず、報酬アップなど夢のまた夢でしょう。

アクセスランキング上位のアフィリエイトサイトでは「騙しリンク」などは使われていません。

スポンサーサイト
[PR]

間違ったアフィリエイト












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。